「インタビュー」 カテゴリーアーカイブ

10月初旬に開催が迫る第6回Startup Weekend 浜松|審査員のエクサウィザーズ取締役坂根氏はいったいどんな人?

投稿者 | 2018-09-03

10月5日より3日間に渡って開催される第6回Startup Weekend 浜松。Startup Weekendとは、全世界で4,500回以上開かれ、36万人以上が参加している、米・シアトル発のスタートアップ実践イベント… Read More »

続きを読む→

低被ばく高精度のX線イメージング技術が、近未来のインフラを変える|株式会社ANSeeN 小池 昭史 代表へインタビュー

投稿者 | 2018-09-02

レントゲンがX線を発見したのは1895年、今から100年以上昔のできごとです。ですが、X線を利用した写真は、モノクロで不鮮明さを残したまま。そのイメージング技術にはイノベーションが起きてきませんでした。 現代では、どの業… Read More »

続きを読む→

外食産業の人手不足をロボット技術で革新する|株式会社モリロボ 森啓史氏のインタビュー

投稿者 | 2018-09-01

外食・中食産業における人手不足は、製造業や卸売・小売など他産業に比べて2倍以上も高く(平成30年,農林水産省食料産業局「外食・中食産業における働き方の現状と課題 」資料より)、深刻な問題となっています。 今回は、人手不足… Read More »

続きを読む→

中小企業の経営革新に寄り添う基幹系システムを |一般社団法人システムコラボ・マネジメント 田中 宏和 氏へインタビュー

投稿者 | 2018-08-30

浜松の製造業を縁の下で支えてきた、中小企業群。近年、その事業所や従業者の数が減少を続けています。中小企業の再興のためには、全社的な経営革新が必要ですが、組織を円滑に変えていくためには、相当の戦略と努力が必要です。 そんな… Read More »

続きを読む→

オフィスデザイン・不動産仲介・シェアオフィスで働く人の想いを形にする、Dexi流のベンチャー支援

投稿者 | 2018-08-20

時代と共に、働き方の多様性が進むほど、会社のオフィスが持つ意味は変化してきました。一昔前であれは、効率的に仕事をするための場所だったオフィスが、現代はITの進歩により集まる必要が低くなっています。 その結果、オフィスはた… Read More »

続きを読む→

“人間が見たままの色・質感”を定量化する世界初の技術|株式会社パパラボ 加藤代表にインタビュー

投稿者 | 2018-07-23

製品のマーケティングテストや品質管理の現場において、“色”の測定は重要なファクターです。しかし、これまでは、色彩計や分光計、目視による定点観測が一般的で、“人間が見たままの色”を捉えられないことが課題でした。製品が実際に… Read More »

続きを読む→

静大発の新技術“Dトレイ栽培”で、安定収入・週休2日の農業を実現|株式会社静岡アグリビジネス研究所 糠谷代表にインタビュー

投稿者 | 2018-07-17

農林水産省の調査によると、農業就業人口は2017年に181.6万人と、7年前より79万人(約3割)も減少しています(農林水産省「農業就業人口及び基幹的農業従事者数」より)。減少を食い止めるためには、新たに農業を始める若者… Read More »

続きを読む→

バックオフィスリソースで経営者の想いを形にする、We will流のベンチャー支援

投稿者 | 2018-06-28

中小企業やスタートアップが直面するバックオフィスの課題として、さまざまなものが上げられます。数少ない事務員の退職や、外部専門家への依存度が高すぎて切り替えできないなど。会社を支える部門であるはずのバックオフィスで苦労する… Read More »

続きを読む→

やりたいことができる環境、浜松で外食ITベンチャーに就職|若手キーマン 山口 裕司 氏へインタビュー

投稿者 | 2018-06-22

多くの地方都市が抱える課題である、”若者の東京圏への流出”。ここ浜松市でも同様の問題を抱えており、環境整備が求められます。同市では、人口の流入を促すべく「浜松市“やらまいか”人口ビジョン」を策定。まち・ひと・しごとの側面… Read More »

続きを読む→

「創業スクール」「チャレンジゲート」で起業家の挑戦をワンストップで支える、はましん流ベンチャー支援

投稿者 | 2018-03-26

ヤマハ・スズキを産んだ浜松の起業エコシステムを支えるには、やはり地元の金融機関の存在が欠かせません。1950年の創業以来「はましん」の略称で親しまれてきた浜松信用金庫は、そんな浜松経済をリードしてきた縁の下の力持ちと言え… Read More »

続きを読む→