育児しながら勉強ができる「育勉」普及協会がクラウドファンディングを開始

投稿者 | 2017-08-01

育勉クラウドファンディングページより引用

静岡で子育て中の女性を対象に「育勉セミナー」を行う一般社団法人育勉普及協会が、クラウドファンディングを開始しました。首都圏でのセミナー開催を皮切りに、育勉の全国展開を目指します。

一般社団法人育勉普及協会ホームページより引用:代表の小田木 朝子氏

同協会は、育児をしながら勉強する「育勉」の普及を通じて、女性が自分らしくいきいきと輝く社会の発展に貢献することを目的に、2016年2月に設立されました。理事である小田木 朝子氏は、株式会社NOKIOOが運営する子育て女性の就労支援「ON-MOプロジェクト」の代表を務めており、自身も2人の子どもを育てる母親です。

一般社団法人育勉普及協会Facebookページより引用

「育勉セミナー」は、対話と実践を重視するアクティブラーニング。2時間のワークショップで書く・話すことを通じて、行動することに自信が持てる思考術と、やりたいことを効率的に進められる行動術・時間管理能力が学べます。子育て中の全ての女性が対象で、ON-MOプロジェクトが認定・育成する「育勉インストラクター」が講師。代表の小田木氏が思考錯誤しながら得た有効な考え方や技術に、参加者一人ひとりからの意見も取り入れ、磨き上げられたセミナーです。2014年の初開催より、これまでに50回以上も開催されています。

同協会が目指すのは、女性に学びの機会を提供し、広げる仕組みを社会に創出すること。カリキュラム開発と講座開催はその一歩であり、より多くの女性に育勉の学びを提供するため、認定講師制度を設け育勉インストラクターを養成し、全国で講座開催ができるネットワークの拡大を計画しています。

現在は、静岡を中心に広がりを見せる育勉。クラウドファンディングを通して、全国展開を目指します。今回のプロジェクトでは、首都圏で10名×10回の無料ワークショップを開催し、参加者に育勉セミナーを無料で体験してもらいます。

一般社団法人育勉普及協会ホームページより引用

「育勉セミナー」の真の目的は、自発的に行動し、困難を乗り越えられる女性を増やすこと。女性が自分らしくいきいきと毎日を送ることで笑顔が増え、子どもたちにもよい影響を与え、何より会社・地域・社会で女性の活躍の場が広がるはずだと、代表の小田木氏は語っています。

クラウドファンディングでの調達目標は120万円。7月25日の開始より、すでに60万円以上の支援が集まっており、同プロジェクトには高い関心が寄せられています。クラウドファンディングの終了は、9月15日とのことです。クラウドファンディングのページはこちらからご覧いただけます。

参照