浜松イノベーションキューブ(HI-Cube / 浜松新事業創出型事業施設)が入居者募集中

投稿者 | 2017-10-25


静岡県浜松市中区、遠州バス「静岡大学」より徒歩7分の場所にある「浜松イノベーションキューブ(HI-Cube/浜松新事業創出型事業施設)」は起業を目指す個人、ベンチャー企業や新事業展開に取り組む中小企業等が入居できるインキュベーション施設です。独立行政法人中小企業基盤整備機構関東本部(略称:中小機構関東 所在地:東京都港区本部長:佐藤勉)では「浜松イノベーションキューブ(HI-Cube/浜松新事業創出型事業施設)」の入居者を募集しています。

浜松イノベーションキューブ(HI-Cube)とは

浜松イノベーションキューブ(HI-Cube)とは起業を目指す個人、ベンチャー企業や新事業展開に取り組む中小企業に対し事業スペースを提供するインキュベーション施設。独立行政法人中小企業基盤整備機構が平成18年8月末に施設の利用を開始しました。

大学をはじめとする地域の研究機関や、この地域ならではの企業が持つ技術力をベンチャー企業の創出や新事業展開の促進することを目的としています。

募集概要(9室)と入居対象者

現在募集しているのは102、105、109、111、208、209、311、315、319号室です。
各居室の月額賃料とスペック等はホームページより詳細をご確認して下さい。

入居対象者は下記の通りです。

  • 新たな事業展開を図る個人事業者、ベンチャー企業、中小企業等
  • 自らの研究成果や技術を基に起業する(計画している)研究者、個人
  • 大学が有するシーズ等を活用し、新技術の開発及び事業化を目指そうとする企業等

募集スケジュール

  • 公  告    平成29年10月17日(火)
  • 受付期間    平成29年10月25日(水)~平成29年11月2日(木)
  • 賃貸決定    平成29年12月中旬以降(予定)
  • 入居開始(予定)平成30年1月以降(予定) ※入居に審査があります。

施設にはインキュベーションマネージャーが常駐しており、入居者は起業や新事業の展開など総合的なサポートを受けられます。入居者間はもちろんのこと、企業や個人が研究者との共同研究を行ったり、技術支援を受ける上で非常に有利な環境となっており、人脈作りにも有効です。

セミナーやイベントも開催されているので、興味のある方は気軽に訪れてみてください。

浜松イノベーションキューブ(HI-Cube/浜松新事業創出型事業施設)

URL http://www.smrj.go.jp/incubation/hi-cube/054268.html

住所:〒432-8003 静岡県浜松市中区和地山3-1-7