【速報】第5回はましんチャレンジゲート最終審査会 「モリロボ」・「リージョン・スタディーズ」が最優秀賞

投稿者 | 2018-03-14

昨年7月よりスタートした第5回はましんチャレンジゲート(主催:浜松信用金庫)の最終審査会が、3月13日にグランドホテル浜松のレセプションホールにて開催されました。同プログラムでは、コミュニティビジネス部門とベンチャー部門の2部門から選出された10社(各5社)が最終審査会で登壇。コミュニティビジネス部門では、株式会社リージョン・スタディーズ「ヤドカリプロジェクト」、ベンチャー部門では株式会社モリロボ「外食産業のロボット化サービス」が見事最優秀賞を受賞しました。

はましんチャレンジゲートは、約半年間に及ぶブラッシュアップ形式のビジネスプランコンテストです。今回よりメンター制度が導入され、2次審査を通過した方を対象に、メンター陣によるビジネスプランのブラッシュアップを実施してきました。

最優秀賞の賞金は30万円。最終審査会に残ったファイナリスト10社は、浜松信用金庫店舗での店頭大型モニターによる広告配信や、ビジネスマッチングフェアへの出展などが特典として授与されます。次回のチャレンジゲートの募集開始は、今年4月を予定しています。

最終審査会 結果一覧

コミュニティビジネス部門


最優秀賞:株式会社リージョン・スタディーズ「ヤドカリプロジェクト」
優秀賞:はてなクラブ 露木里江子氏「これは小さな地球です。アクアポニックスをご家庭で。」
特別賞:ナイトー工業株式会社「女性によるものづくり溶接体験 はままつ AKIHA Fe-Alice (フェアリス)」
チャレンジ賞:一般社団法人りんたく遠州「電動自転車タクシーを使った観光事業」 / 古田佳奈氏「子供が主役!子供が想像力全開に自らの思いのままをつくる遊び場づくり」

ベンチャー部門


最優秀賞:株式会社モリロボ「外食産業のロボット化サービス」
優秀賞:We will Accounting Associates 株式会社「スタートアップが価値創造へフォーカスできる環境を実現できるバックオフィスリソースのクラウドサービス化」
特別賞:株式会社ブログメイト「情報資源のオープン化機能を備えたプログラミング e-Learning システム」
チャレンジ賞:株式会社週休3日「週休3日正社員を切り口とした有料職業紹介事業及び求人&移住ポータルサイト事業」 / 株式会社PramaCeed「浜松ものづくりプロジェクト」