起業体験イベント「第6回 Startup Weekend浜松」が10月5日静岡大学浜松キャンパスで開催

投稿者 | 2018-10-01

週末の3日間を利用して、アイデアを形にするための方法論を学びながら実践する起業体験イベント『Startup Weekend浜松』が、10月5日に静岡大学浜松キャンパスで開催されます。今回で6回目の開催を迎える当イベント。過去の参加者には、外食産業用ロボットを開発する株式会社モリロボ代表森 啓史氏など、創業者も輩出しています。

▼以前のイベントの様子はこちら

先輩起業家の指導も受けられる

イベントの参加者は、過半数が1人ではじめて参加する人たちです。特定の知識・スキルがなくても、アイデアがあれば問題ありません。本イベントでは、第一線で活躍する起業家たちからコーチングも受けられます。
審査員には、グロービスファカルティ本部 研究員・講師の小早川 鈴加氏、株式会社TMAコンサルティング代表取締役の浅沼 宏和氏、株式会社エクサウィザーズ取締役の坂根 裕氏を迎えます。

▼あわせて読みたい

Startup Weekendは、新しい「何か」を作り出すスタートアップ体験イベント。アイデアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに体感できます。参加者は学生、主婦、会社員など世代や職種を超えた同じ志を持った人脈作りにもなります。興味のある方はぜひご参加ください。参加が難しい方は、最終日のプレゼン見学をして、Startup Weekendを肌で感じてみてはいかがでしょうか。

イベント詳細

◆第6回 Startup Weekend浜松
日程:2018年10月5日(金)18:15受付開始
参加費用:通常チケット7,500円、学割チケット5,000円、最終日プレゼン見学+パーティ参加2,000円
場所:静岡大学浜松キャンパス(〒432-8011 静岡県浜松市中区城北3-5-1)
お申し込み:【第6回】Startup Weekend 浜松

カテゴリー: イベント タグ: ,

Shiho Ozawa について

1987年生まれ、愛知県出身。フリーランスのライターとして主にWEBサイトで観光・グルメ、インタビュー記事を執筆。新卒で病院のリハビリ職として5年間勤務。趣味ではじめたブログがきっかけで、フリーのライターに転職。愛知県を拠点に、国内の田舎を旅しながら記事を書いている。