起業体験イベント「第4回 Startup Weekend浜松」が9月29日静岡大学浜松キャンパスで開催

投稿者 | 2017-08-14

週末の3日間を利用して、アイデアを形にするための方法論を学びながら実践する起業体験イベント『Startup Weekend浜松』が、9月29日に静岡大学浜松キャンパスで開催されます。今回で4度目の開催を迎える当イベント。8月末にはプレイベントも行われる予定で、9月の開催を前に多くの方の関心を集めています。

Startup Weekendとは

Startup Weekendとは、新しい「何か」をつくりだす、スタートアップ体験イベント。金曜日からの週末3日間で、アイデアを形にするための方法論を学び、スタートアップをリアルに体験することができます。顧客開発を担当するハスラー、機能開発を担当するハッカー、デザインを担当するデザイナーでチームを組み、日曜の午後までに、ユーザーエクスペリエンスに沿った必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。浜松でもこれまでに3回開催されており、9月29日は第4回目の開催となります。

参加対象者

本イベントは、人脈を増やしたい方、新規事業作りや起業を経験したい方など、どんな方でもアイデアさえあれば気軽に参加できるイベントです。アイデアがなくとも、エンジニア・デザイン・マーケティングなどのスキルのみを保有している方でも参加可能。これまでに開催されてきたイベントでは、エンジニア・デザイナーがキーマンとなっているケースも多く、チームで活躍することができます。参加者の過半数が一人での参加なので、初めての方でも心配ありません。

先輩起業家の指導も受けられる

本イベントでは、第一線で活躍する起業家からのコーチングも受けられます。審査員には、パイフォトニクス株式会社 代表取締役の池田 貴裕氏、株式会社 PrmaCeed 代表取締役の岩田 彰人氏、そして浜松の飲食ベンチャー企業・株式会社こころ 代表取締役の渡邉 一博氏を迎えます。

▼あわせて読みたい

「大切なのは、海と仕事のバランス」株式会社こころ渡辺代表にインタビュー

プレイベント『体験・ミニSW浜松』も開催

9月の開催に先駆けて、浜松市議会員3名を招いたプレイベントも行われます。3 つのテーマ(地域活性化・IoT・ものづくり)から1つ選択し、チームでアイディアの立案を行い、プレゼン・フィードバックを経てアイディアのブラッシュアップを行うパネルディスカッション形式。最後に参加者から一番良いアイディアを作ったチームを選定してもらい、優勝を決めます。3日間にわたるStartup Weekend当日の流れを、たった3時間で“体験しながら”理解できるプレイベントとなっています。

 

Startup Weekendは、リアルなスタートアップ体験ができるのはもちろんのこと、同じ志を持つ仲間との出会いも得られます。学生、主婦、会社員など職種や世代を超えて1つのものを作り上げる経験は、視野を広げ、新たな発見をもたらしてくれるでしょう。興味のある方は、ぜひ参加してみてください。

イベント詳細

◆第4回 Startup Weekend浜松

日程:2017年9月29日(金) 18:15受付開始
参加費用:通常チケット7,500円、学割チケット5,000円、最終日プレゼン見学+パーティ参加2,000円
場所:静岡大学浜松キャンパス(〒432-8011 静岡県浜松市中区城北3-5-1)
お申し込み:【第4回】Startup Weekend 浜松

◆体験・ミニStartup Weekend 浜松

日程:2017年8月31日(金) 18:00~21:00
参加費用:無料
場所:静岡大学浜松キャンパス(〒432-8011 静岡県浜松市中区城北3-5-1)
Facebookイベントページ:体験・ミニStartup Weekend 浜松