光産業創成大学院大学がビジネスコンテスト「Photonics Challenge 2020」にて事業プランを募集中

投稿者 | 2019-07-08

▲光産業創成大学院大学HPより引用。2019年2月、協賛機関であるSPIEにおけるビジネスコンテスト「STARTUP challenge」の様子より。

光産業創成大学院大学は、光の応用産業の発展に資する人材の発掘を目的にビジネスプランコンテストを開催します。「浜松光宣言2013」の実現を目指す取り組みの一環として、ベンチャーや中小企業が意欲的に活動できる場づくりを強力に推し進めたい意向です。

書類選考を通過したファイナリストは、プレゼン研修や本学教授によるメンタリング、ビジネスプランのブラッシュアップを受けられるなど、さまざまな特典が得られます。

募集締め切りは、2019年8月30日(金)メール必着です。より堅実にビジネスを発展させるチャンス。プランをお持ちの方は、応募してみてはいかがでしょうか?

コンテスト詳細

応募テーマ:光技術を応用し、社会に新たな価値をもたらす事業プランをすべての産業、技術分野から募集。
 1.ベンチャー部門
  光技術およびその応用を通して、社会に新たな価値をもたらす事業の創出を目指すベンチャー
  (日本国内に拠点のある法人、および1年以内に法人設立予定の個人)
 2.中小企業部門
  光技術およびその応用を通して、既存事業に変革をもたらすほか、新たな事業の創出を目指す静岡県内の中小企業
 ※ベンチャー部門、中小企業部門ともに日本国内に拠点のある企業で、日本語でのプレゼンテーションが可能であること。

募集期間:2019年6月3日(月)~8月30日(金)
 書類選考・ファイナリスト発表:2019年10月末頃
 メンタリング:2019年11月~2020年1月
 最終審査・表彰:2020年1月23日
  1.優秀賞:各部門より1社、計2社。賞金100万円
  2.オブザーバー賞:各部門共通1社、賞金30万円
   優秀賞受賞者には、光産業創成大学院大学への入学金、授業料免除の特典があります。
   (※通常の資格審査と入学試験を行います)

応募方法
(1)提出書類 
  1.応募様式
  2.過去3年分の財務諸表(貸借対照表、損益計算書)
    ※決算を迎えていない企業の場合は不要
  3.反社会的勢力でないことの誓約書
  4.参考資料(会社案内、新聞・雑誌等の掲載記事など)
(2)応募方法
  1.光産業創成大学院大学Photonics Challenge専用ホームページより応募様式をダウンロード。
  2.必要事項を記入のうえ、期日までに下記メールアドレスまで送付。
    Email:pc-entry@gpi.ac.jp